【映画体験記】苦役列車

こんにちは(^^)/

英語文化学科4年生(^^):さわこと教育学科4年生ゆっきぃで映画取材に行ってきました。

今月の鑑賞作品は「苦役列車」です。

【あらすじ】

1986年。19歳の北町貫多(森山未來)は、明日のない暮らしを送っていた。日雇い労働生活、なけ なしの金はすぐに酒と風俗に消えてしまい、家賃の滞納はかさむばかり。そんな貫多が職場で、新入りの専門学生、日下部正二(高良健吾)と知り合う。中学卒業後、他人を避け、ひとりぼっちで過ごしてきた貫多にとって日下部は、初めての「友達」と呼べるかもしれない存在に。やがて、古本屋で店番をしている桜井 康子(前田敦子)に一目惚れした貫多は、日下部の仲介によって、彼女とも「友達」になる。でも「友達」ってなんだろう......不器用に、無様に、屈折しながら、けれども何かを渇望しながら生きてきた貫多は、戸惑いながらも19歳らしい日々を送るが......。

【解説】

友ナシ、金ナシ、女ナシ。この愛すべき、ろくでナシ

メンドくさいけど、ほっとけない。

世間をあっと言わせた西村賢太の私小説、第144回芥川賞受賞・西村賢太の話題作が、まさかの映画化!

【おすすめポイント】

メガホンをとるのは『天然コケッコー』『マイ・バック・ページ』の気鋭、山下敦弘監督。

主演の森山未来も、日下部役の高良健吾も、映画オリジナルのヒロイン康子役の前田敦子も、山下作品に出演するのが夢だったという。映画ファンの胸を高鳴らせるこの豪華コラボが、この夏まったく新しい青春映画 を生み出す!

【公開日】
2012年7月14日(土)

【キャスト】
森山未來、高良健吾、前田敦子 他

【スタッフ】
原作 原作:西村賢太『苦役列車』(新潮文庫刊)
脚本:いまおかしんじ
監督:山下敦弘

【配給】
東映

【制作年】
2012年

【上映時間】
113分

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【感想】

~苦役列車観てきました!~

 苦役列車を見てきました。主演は「モテキ」でお馴染みの森山未來さん。今回も、あくの強い役柄でしたが、さすが森山未來さん!と感じさせる演技でした。脇を固める俳優陣も、若手実力派の高良健吾さん、AKB48の前田敦子さんなど、今をときめく豪華な顔ぶれでした。

森山さん演じる主人公が本当にどうしようもない性格なのですが、ラストに向かうにつれ、少しずつ心境に変化が見られます。ラストシーンが印象的で、心に残るものがありました!

取材応募がかかって見に行くことができたのですが、普段私が選ばないようなジャンルの映画でした。新たなジャンルの映画を楽しむことができてよかったです。これからは今まで見なかったような映画にも挑戦してみようと思いました!

 また、MOVIXココエあまがさきさんで映画を見るのは今回で5回目でした。毎回笑顔で接客してくださり、とても気持ちがよかったです。そして、今回もブランケットを使ってリラックスして見させていただきました。またお邪魔したいと思います!

(^^):さわこ

                     

~衝撃の映画~

 私は、原作を読まずに、映画を見ました。

主人公はお金も無く、友達も無く、女も無く、日払いの職に就き、風俗に溺れ、ひねくれ者で少し変わっていたので正直驚きました。すごく難しい役なのに森山未來さんの演技がとても上手なのが、印象的でした!

父親が性犯罪で捕まったせいで、家庭が崩壊したという、暗くて悲しい過去を経験している主人公ですが、ただ毎日を生きるために、食べるために働く姿など、私たちが現実で身近で見ることのないシーンがたくさんあったので衝撃だらけでしたが、このような映画は初めてだったのですが、見て良かったと感じました!

 

また、主人公が初めて恋をした相手役をAKBの前田敦子さんが演じているのも、話題性があり、いいと思います。
人生で辛いことや嫌なことがあったときに、この映画を見ると元気をもらえるのでは!? 


ゆっきぃ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

カテゴリ:[学生広報スタッフの活動][映画体験記]

カテゴリ

2020年9月

M T W T F S S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

月別 アーカイブ

copyright(c)1998.4.1 Mukogawa Women's Univ. All rights reserved.